NPO法人神戸太極拳協会ロゴマーク 画像
  
NPO法人神戸太極協会は、 
   太極拳(タイチー)武術(ウーシュウ)功夫(カンフー)
   を通じて幅広い社会活動を目指します。
 

Contact Us

お問い合わせ

Q & A(よくある質問)

はじめにお読みください

・お問い合わせの前に、このページをご覧ください。
・このページだけでは不明な点がある場合には、電話: 078-382-8611・FAX: 078-382-8612・メール: jim@kobe-ta.orgお問い合わせフォームでお問い合わせください。

  

・技術的、専門的な内容の質問には回答までに時間がかかる場合があります。
 なお、質問の内容によっては、お答えできない場合もあります。あらかじめご了承願います。

 入会前の質問

A:NPO法人神戸太極拳協会では、各教室・講座で多くの指導者が日々指導を行なっています。
ご不明な場合等は、まずはご連絡、ご相談ください。
場所・時間帯等でご希望内容の教室・講座をご紹介できます。
また、各教室により学習種目が異なりますので、希望の種目でもおたずねください。
 

 

A:太極拳の種目には大きく分けて「制定拳」と「伝統拳」があり、それぞれに套路(型)、器械(武器)、推手(対人練習)という種類があります。
 「制定拳」の套路(型)や器械(武器)には簡化24式、48式、42式総合、32式太極剣、42式総合太極剣等があります。
「伝統拳」には、陳式、楊式、呉式、武式、孫式等の各流派があります。
「推手」は「制定拳」、「伝統拳」ともに2人で練習するものですが、目的によって練習方法が異なる場合があります。
NPO法人神戸太極拳協会では、入門・初級レベルの教室・講座では「制定拳」を中心に指導を行っています。
また「伝統拳」を中心に指導している教室・講座もあります。

A:当協会が主催・運営する定例教室への見学は随時可能(無料)です。
体験学習はお1人様1回に限り無料です。
(※スポーツクラブ・カルチャーセンター等は除く)
 
見学・体験のご案内についてはこちら

A:教室・講座での服装(ウェア)は、運動ができるものであれば何でも結構です。
太極拳の運動強度は、一般的に分速70mの歩行程度の軽運動(※4.0メッツ:METs)といわれており、教室・講座の会場の環境(空調)や個人差もありますが、套路(型)を一通り動くとうっすらと汗ばむ程度です。
※「メッツ」とは、個人の体重に関係なく運動強度を示すために、厚生労働省が定めた身体活動の強度を示す単位で、国際的に使われています。
安静時を1メッツとした時と比べて、何倍のエ ネルギーを消費するかで活動の強度を表しています。 
長拳(カンフー)や伝統拳は太極拳よりも運動量が多いため汗をかきます。
また、ケガ等の予防のため脚を露出するハーフパンツやスパッツよりも、普通の長いジャージをおすすめします。
その他、タオルや飲み物など運動に必要なものをご用意ください。
長拳(カンフー)や伝統拳の練習では、装身具(大きいピアスやネックレス、指輪など)は、はずしてください。メガネはかけたままでも結構です。
靴(シューズ)は、学校の体育館履きのような柔らかめの運動靴をおすすめします。エア入りやバスケットシューズのようなの底の厚いものは不向きです。
専用シューズもありますが、最初は履きなれたもので大丈夫です。
ウェアやシューズはネットショップ タイチロードや各教室・講座でもご紹介ご案内出来ますので、担当の指導者にお尋ねください。

 

A:はい、大丈夫です。
現在、当協会で練習をされている方は、ほとんどの方が太極拳や長拳(カンフー)、伝統拳の経験のない方や、まったくの初心者の方がたくさん参加されています。
また、運動の経験がなくても大丈夫です。
特に太極拳は、どなたにも練習できます。年齢も性別も問われません。
基本的には、指導者の動作を真似して動くことからはじめていただきます。
指導者がその方々の状況に合わせた指導を行います。

A:当協会では、長拳(カンフー)は基本的に3才位から、指導者(先生)や大人と一緒に練習出来るようであれば可能です。
また、大人の方の長拳(カンフー)は年齢・体力に応じて練習できます。
ご心配であれば、体験学習をおすすめします。
太極拳や伝統武術は、小学生から80才代、90才代まで幅広い年齢層で練習していただけます。
※スポーツクラブ・カルチャーセンターは規定等がある場合がありますので、ご確認ください。
 

A:練習中、親の方が子どもさんの管理をすることができれば可能です。
当協会の長拳(カンフー)の入門クラスなどでは、子どもさんと一緒に親の方が練習されている場合もあります。
※スポーツクラブ・カルチャーセンターは規定等がある場合がありますので、ご確認ください。

A:いつでもご入会していただけます。
入会手続きが済めば、その日からでも練習にご参加できます。

入会手続きについてはこちら

A:当会に入会される場合には、入会金、年会費、月謝、スポーツ安全保険(任意加入実費)が必要です。
 
入会手続きについてはこちら

A:「お問合わせフォーム」からお問合わせされた場合、必ず自動返信メールが送られます。
もし自動返信メールが届かない場合はこちらからの返信メールが届かない設定をされている可能性がございます。受信設定をお確かめの上、再度送信下さい。
なお、jim@kobe-ta.orgへ直接送信された場合は、自動返信メールは送られません。
また、お問合わせ内容によっては返信できかねる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 入会後の質問

A:事務局に電話 (078-382-8611)・FAX(078-382-8612)・メール(jim@kobe-ta.org)でご連絡ください。

無断で連絡なく三ヶ月欠席されますと、退会扱いとなりますのでご注意ください。

A:受験や出張、転勤などでやむなく長期にわたり練習に参加できない場合は、必ず事務局まで直接、電話(078-382-8611)・FAX078-382-8612)メール(jim@kobe-ta.org)でご連絡、ご相談をお願いします。

復帰される場合も、事前に必ず事務局まで直接ご連絡ください。
ご連絡なく三ヶ月以上練習や活動等を欠席されると「退会扱い」となり、再び入会を希望される場合には、再入会手続きが必要となります。

A:退会される場合は、事前に必ず事務局まで電話(078-382-8611)・FAX(078-382-8612)・メール(jim@kobe-ta.org)でご連絡ください。